ブログ

■人生の意味を問うのではなく、自分が人生に問われている

透視リーディングプログラム
2021.03.29

透視ヒーラー・ビジョンコーチ いそじまとしえ
幼少のころから透視能力とヒーリング力を持ち、愛と自由を手にして、家庭も仕事も思いのままに成功する「透視リーディングプログラム」を体系化する。
これまでに個人セッション、ワークショップ、セミナー等を海外も含むのべ8000人以上に提供。「たくさんの愛を受けて才能を活かし、いきいきと社会で活躍する女性成功者を増やす」ことをミッションとする。

詳しいプロフィール

毎月受講生さんと一緒に透視心理学を

学んでいます。先回のテーマは

「死ぬ時に後悔しない生き方は?」でした。


今日はその続きとしてこのメルマガで

書いてみたいと思います。

ナチスに捉えられて過酷な時間を過ごし

「夜と霧」を書いた有名な

ヴィクター・フランクル氏は

こんな言葉を残しています。

「そもそも、我々が人生の意味を

問うてはいけません。

我々は人生に問われている立場であり、

我々が人生の答えを

出さなければならないのです。」


人生の意味を問うのではなく

自分が人生に問われている。

とてもすごい言葉だと思いませんか?


人生の意味は何か…?


この問いを考えることは

無駄ではありませんが、

まるで禅問答のようで、

ほとんどの人が答えに窮すると思います。


“我々は人生に問われている立場”



私はいつもこれを

忘れないようにと心がけています。

時々(三日に3回くらい)忘れますが・・・

でも、この問いは私が幼いころから

考えていたことでもあり

過去生から、持ち越してきたテーマでも

あるらしいのです。だからしつこい(笑)

私は人生には二つの側面があると思っています。

『肩書のある人生』と『肩書のない人生』です。


『肩書のある人生』は

自分の経歴や資産、権威,名声など

人生の「成功」を示すもの。

どこの学校をでたか、どこに勤務しているか?

何か賞を取ったか?などです。



反対の『肩書の無い人生』は

親切であるとか温厚、素直などの

性格や人間性を意味します。

昔から多くの人は

「もっと結果を残さなくては。」


「もっとお金を稼がなければ。」

「もっと出世して名を残さなくては」


というように頑張っていると思います。

それもいいのですが、

人生をより充実させるためには

『肩書のない人生』についても

深く考えたほうが

賢明だと思うのです。

自分の死を意識することで

生命の大事さを自覚できるし

大切な人との時間を

大事にしようと思えるからです。



死を意識すると聞くと

怖いとか嫌だとか

不謹慎と思うかもしれません。

ですが、この身体は有限です。

私がまだ会社員だったころ、

配置換えで新しい部署に

移った時のお話です。

朝一番に異動先の部長に

挨拶に行きました。

もちろん、初対面です。

その時に、あろうことか部長が

「僕は去年、一人息子を

バイク事故で亡くしましてね。」

と挨拶もそこそこに話しだしたのです。

父親としてどんなな思いでいるかは

想像するまでもないですが

部長が

「本当に優しくて友達思いの良い息子だった。

大好きなバイクでの事故も、息子にしたら

悔いはなかったのかもしれないと思う。」

と言った時、返答に困りましたが

生命はいつ終わるか

多くの人は予想がつかないものだと

思いました。

今、元気だからと言っても数時間後には

どうなっているかはわかりません。

ですから、死を意識することは

人生を充実させるためには

大事な視点だと私は思っています。


===========

人生を悔いなく生きるために

===========

自分の人生を振り返った時
「素敵な人生だった」と
言えるために大切なことは何か。



ハーバード成人発達研究で

ひとつの答えが示されています。

詳細は省きますが、

調査の責任者である

ロバート・ウォールディンガー教授の結論は

“The clearest massage that we get from

this 75-year study is this: Good relationships

keep us happier and healthier. Period.”

「75年に及ぶこの研究が明確に

示しているポイントは、

良い人間関係が私たちの幸福と

健康を高めてくれるということです。

これが結論です。」

この結果から見ると
肩書のある人生もいいけれど

それがしあわせだとは

限らないという事です。

肩書があっても無くても人のしあわせは

家庭も友人関係も仕事関係でも良好な人間関係を

結べる事、愛と感謝で、不安なく過ごせること。

愛が循環するシステムを全力で生きられること。

それが

人生に悔いを残さない生き方に

なるだろうと私は思っています。

そのためには自分自身を生きることです。

自分の感情と意識をクリアにして

一致することで

コヒーレント発光でき、自分自身を

全うすることが可能になります。



ミラクルワーカー養成講座では

自分自身と出会い、家庭に仕事に奇跡を

顕すように透視リーディングの

能力を育てています。

4月にはオンラインの無料勉強会と

リアルのお茶会をします。

もうじきですから

ご希望の方は見逃さないようにしてくださいね。

LINE登録、受付中!

お友達追加してくださった方には 「いるだけで自然とオーラの美調律ができてしまう マダムとしえ・カフェセレクション 2018コーヒー」 をプレゼント中

TOP