ブログ

オーラの見方を教えてください

透視リーディングプログラム
2021.02.21

透視ヒーラー・ビジョンコーチ いそじまとしえ
幼少のころから透視能力とヒーリング力を持ち、愛と自由を手にして、家庭も仕事も思いのままに成功する「透視リーディングプログラム」を体系化する。
これまでに個人セッション、ワークショップ、セミナー等を海外も含むのべ8000人以上に提供。「たくさんの愛を受けて才能を活かし、いきいきと社会で活躍する女性成功者を増やす」ことをミッションとする。

詳しいプロフィール

オーラの見方を教えてくださいと、時々質問(?)されます。

興味ありますよね(^^♪

リクエストに応えて今日はオーラの見方を

書きたいと思います。

自分の指のオーラを見ましょう。

・・・

なるべくなら色のついた壁をバックに人差し指を立てます。

指先の少し向こう側をぼやーと眺めてください。この時に指先に

しっかり焦点をあえわせると視えません。

ぼんやりと指の向こう側を眺める感じです。

するとしろっぽい霧状のもやもやが見えると思います。

これがご自分のオーラです。

いかがですか?面白いでしょう?

では、オーラとはいったい何でしょうか?

オーラはその人の光です。

光はバイオフォトンの振動です

バイオフォトンは波の周波数に比例します。

バイオフォトンには情報が載っています。

だから

どんな経験と思考と感情を持ったかで各個人のオーラができます。

私たちのオーラには人生にまつわるデーターがぎゅっと凝縮され、

時間の長さで言ったら500年から600年分あると言われています。

オーラには自分の気持ちや思考やすべて、もう忘れてしまったことまでさえも

ちゃんと格納されているんですよ。すごいですよね。

そして、これをどう見るかですが

肉眼で光を見るにはかなり努力が要ります。

(指先のオーラは比較的見えやすいです)

全体的に見る時は、「見る」という言葉にとらわれずに

感じるようにするほうがいいです。

というもの

オーラを日本語に訳すと「雰囲氣」だからです。

「氣(エネルギー)がほわっと外側を囲っている」

です。仏さまの光背と同じようなものです。

光はエネルギーですから、明るさや熱量を持っています。

情熱的な人のそばにいるほうがクールな人のそばにいるより

熱く感じるのもオーラを感じていることになります。

ですから、オーラを見たかったら「見る」を「感じる」に

脳内変換してください。分かりやすいはずです。

そして、わかるようになるには五感を鍛えることです。

■五感は身体があればこそ。

身体は素晴らしいセンサーなのです。

自分の体に敏感になると受信機といえる感覚が研ぎ澄まされていきます。

ミラクルワーカー養成講座では身体を調整してから氣を感じるお稽古を

していますが、その理由はこの五感を磨くためです。

ごく日常でも氣を感じるのは誰も経験があると思います。

元氣なのか病氣なのか

正氣なのか狂氣なのか

などなど・・・

まぁまぁ分かりやすいですね。

このくらいは特に練習しなくてもできますが

さらにもっと見たい、感じたいなら身体と連係プレーが

できるようにすると良いですよ。

身体に意識を向け、どの部分がどんな感じなのかを

丁寧に探っていくうちに、体の声が聞こえてきます。

それには何度も繰り返してお稽古をし、その中からつかみ取っていくものなのです。

ミラクルワーカーさんたちの中にも自分の身体にあまり意識を向けることを

しないで来たため、最初のうちはなかなか自分の身体に寄り添うのが

難しい人もいましたが、やっていくうちに五感を使えるようになっています。

ですから、時にはビジュアルで光を感じたり、皮膚感覚で温感や圧で

感じたりできるようになりました。

なんでも数稽古です。

オーラの見方、いかがでしたか?

まずは、指先のオーラから始めてみてください。

調子のいい時と不調の時の差が分かるので健康管理にお使いください。

LINE登録、受付中!

お友達追加してくださった方には 「いるだけで自然とオーラの美調律ができてしまう マダムとしえ・カフェセレクション 2018コーヒー」 をプレゼント中

TOP