ブログ

思考は自現実化するといわれるけれど、なかなか実感できない場合、脳の中では 何が起きているか?

透視リーディングプログラム
2020.06.27

透視ヒーラー・ビジョンコーチ いそじまとしえ
幼少のころから透視能力とヒーリング力を持ち、愛と自由を手にして、家庭も仕事も思いのままに成功する「透視リーディングプログラム」を体系化する。
これまでに個人セッション、ワークショップ、セミナー等を海外も含むのべ8000人以上に提供。「たくさんの愛を受けて才能を活かし、いきいきと社会で活躍する女性成功者を増やす」ことをミッションとする。

詳しいプロフィール

「思考は現実化する」と

よく言われますが、それを実感している

人はとても少ないです。

その理由として

「思考がネガティブになっている」

というのが大きいです。

思考は粒子です。

粒子が一定数溜まって物質化しだします。

ほとんどの人も振り返れば

過去に願ったことは大なり小なり

実現化していることに気が付くと思います。

それをどのくらい認識しているかです。

願っても叶わなかったことのほうが

多いよ!と言う人もいると思います。

では、なぜ叶わなかったのでしょうか?

それは、多くの場合

叶わない事を願っていたから!です。

心の奥底では、

「どうせ叶わないし・・」

「叶っちゃったら困るし」

「私なんてどうせダメだから」

「いつか叶ったらいいかも・・」

「そもそも叶うわけないし」

などのお断りフレーズが浮かんでいます。

そうなると確率の問題で

叶わない可能性が「1」に近づいてしまうので

「叶わない」が叶ってしまうのです。

「えっ、でも脳は否定形が分からないですよね?」

と思われました?

はい、脳は否定形を判別できませんが

この場合、

「叶ったら困る」「叶うわけがない」

「どうせ叶わないし」と

「困る」とか「ない」に焦点が当たっています。

脳は快を求めるようにシステムが組まれている

脳は快を求めるようにシステムが組まれている

ので、不快は回避しようとします。

困るなら困らないように「〇〇しない」を選び

「ない」に焦点があたっていれば

それを求めていると判断するので

「ない」を選択し、現します。

TVなどで脳内の検査している場面を

見たことがあると思います。

神経回路や記憶の実験などで

電気が走ると光って見えます。

思考は電気で粒子ですから

積り積もって一定の値になると

物質化します。

スイスにある

欧州原子核研究所の実験で

そのメカニズムが証明されています。

https://home.cern/

ですから、「ない」や「困る」などの

ネガティブ系の思考を続けていたら

ネガティブ系が実現化します。

つまり

現状が変わらない状態をキープする

と言う形で願いは叶っているのです。

ちょっと、残念ですよね。

ネガティブ系だと現状維持、もしくは

前年比対2割減で下降線をたどります。

だから、叶っているとは気づきにくいのです。

反対に、叶っている時の場合、どんな思考をしているかと言うと

それは

心の底から、なったらいいな嬉しいな、のルンルンした感情を

伴っているのです。

快を脳に示しています。

そして、快を伴う粒子が溜まってきますから

物質化しだします。

するとなんとなくですが、

・人から親切にされた

・物事がすんなりいくようになっている

・売り上げが上がった

・感謝された

・朝の目覚めが良い

・身体が軽い などの

「快」の状況が出てきます。

ここに気が付いて、

嬉しい!

ありがたい!

キャー、楽しい!!

という気持ちが溢れてきたら、

後は早いです。

上手く行っている=当たり前

ではなくて、兆として感謝できると

快の実現化が早いのです。

本日のまとめ

思考が実現化する時、願望を発するときには

・「ない」などの否定的な言葉を使わず

・嬉しい、楽しい、清々しいなどの

良い感情を伴う思考をたくさんすること。

周囲の状況のよい変化に気が付き

感謝するとスピードアップする

・・・・・・・・・・・・・・・・

肯定的なイメージや言葉で

思考してくださいね。

愛とひかりと感謝を込めて

LINE登録、受付中!

お友達追加してくださった方には 「いるだけで自然とオーラの美調律ができてしまう マダムとしえ・カフェセレクション 2018コーヒー」 をプレゼント中

TOP